HOME
製品情報 技術生産情報 工場設備 計測器一覧 企業情報 お問合せ










ウルトラハード

特徴
     
 
ウルトラハード1
 
 特殊な電解液によって生成された金色に輝く超硬質のアルマイト皮膜は、
 硬質アルマイトの性能を遙かに凌ぎます。長年の技術の結晶が生み出し
 たバリア型皮膜、「ウルトラハード」はアルマのハイテクノロジーの成果です。
 輸送、精密機器部品など、お客様の幅広いニーズにお応えすることを約束します。
  ウルトラハード2    Hv500を誇る超硬質皮膜 (表1)
   クラックが発生しないため、高い電気絶縁性が得られます (表1)
   耐電圧は硬質アルマイトの2倍以上 (表1)
   ステンレスの約5倍を誇る耐摩耗性能 (表1、表2)
   耐食性の向上 (表1)


比較データ
   
日本伸管
    表1. 対硬質アルマイト (当社比)
 
材質 アルマイトの
種類
膜厚
(μm)
硬度
(Hv)
被摩耗量
(mg) ※1
耐食性
CASS(RN)
耐電性
AC(kV)
体積抵抗
(Ωcm)
99.99%Al ウルトラハード 52.9 502 0.0020 9.3-4 2.6〜3.4 25.3×1010
硬質アルマイト 52.5 408 0.0037 8.0-3 0.6〜0.84 20.4×1010
A5052 ウルトラハード 53.6 480 0.0033 9.8-2 2.1〜3.3 7.65×1010
硬質アルマイト 52.8 420 0.0040 9.8-3 1.0〜1.5 1.01×1010
A6063 ウルトラハード 51.0 480 0.0023 9.8-3 2.0〜3.4 5.59×1010
硬質アルマイト 52.3 416 0.0042 9.0-2 1.4〜1.7 1.72×1010
   ※1:平面摩耗試験により荷重400gで1500回までの被摩耗量を測定し、1回あたりの重量減を算出


   

  表2.対ステンレス材比較データ(当社比)
      ・平面磨耗試験により加重2kg、1回の被磨耗量を測定
 
材質 被摩耗量(mg)
A5056 (ウルトラハード処理) 0.010
SUS303 (ステンレス材) 0.056
 

   クラックが発生しない理由
    有機混酸を用い、電解液温度を常温とすることで、アルミとアルマイト(Al2O3)における
熱膨張係数の違いから生じるクラックを抑えることが出来ます。