HOME
製品情報 技術生産情報 工場設備 計測器一覧 企業情報 お問合せ










硬質アルマイト
 
  硬質アルマイト  
 
 アルマのアルマイト生産ラインは、硬質アルマイト専用の大型冷却設備によって、真夏、真冬に関係なく±1℃の液温管理が可能です。よって、年間を通じて安定した皮膜硬度と安定した品質をお届けします。
 また、噴射による処理物発生熱の抑制により、高速電解処理にも関わらず低い不良率を実現しました。従来困難とされてきた、2000、7000系展伸材、ダイカスト(ADC12等)、鋳物においても硬質皮膜処理が可能であり、多くの実績があります。

 
     
     
     硬度
  展伸材(2000、7000系を除く)
   Hv400以上の安定した皮膜硬度を保ちます。

2000、7000系展伸材、ダイカスト、鋳物
   Hv300以上の硬質皮膜処理が可能であり、多くの実績があります。

 
日本伸管
     耐摩耗性、耐食性、耐電圧、体積抵抗
 
材質 膜厚(μm)
被摩耗量 (mg)※1 耐食性 CASS(RN) 耐電圧 AC(kV) 体積抵抗(Ωcm)
99.99%Al 52.5 0.0037 8.0-3 0.6〜0.8 20.4×1010
A5052 52.8 0.0040 9.8-3 1.0〜1.5 1.01×1010
A6063 52.3 0.0042 9.0-2 1.4〜1.7 1.72×1010
    ※1:平面摩耗試験により荷重400gで1500回までの被摩耗量を測定し、1回あたりの重量減を算出


     低い不良率
材質
不良率(自社統計)
展伸材(2000、7000系除く) 0.002%
2000、7000系展伸材、ダイカスト、鋳物 0.04%



     精度の高い膜厚管理
  精度の高い膜厚管理が可能です。
また、試作槽における予備実験により、慎重に最適な電解条件を割り出し、ご希望通りの製品と品質をお届けします。
 



     部分硬質アルマイト
  特殊技術により部分硬質アルマイト処理も可能です。耐磨耗性を部分的にアップさせます。  
 
部分硬質アルマイト
 



     標準膜厚
  膜厚20〜50μmを標準膜厚としておりますが、ご要望に応じてそれ以上の膜厚を生成させることも可能です。  



     用途例
  自動車部品・精密機器部品・コンプレッサー用異型シリンダー
ピストンヘッド・農機具・ベルト用プーリー・マガジン